施工管理者・建設会社専門 レンタルライブ監視カメラ テレワーキング

PPカム
販売代理店様、レンタル会社様を募集中です。 ご相談はこちら お申込みはこちら

会社概要

HOME > 会社概要 > 開発者メッセージ

開発者メッセージ

数多くのPnP(Plug and Play)ライブカメラサービスの中から、弊社のホームページに足を運んでいただきありがとうございます。
代表の三浦勝良(みうらかつよし)です。

私のPnPライブカメラサービスの開発への思いを、この場でお伝えしたいと思います。
少し文章が長いですが、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

父の背中を追って技術者の道を選びました。

私の記憶する父からいただいた最初のおもちゃ(?)は半田ごてでした。父は家電製品の修理専門店を営んでいましたが、その影響で私は工業高専に進学し、卒業後は大手無線機メーカーに就職しました。

しかし、もっと技術を学びたい一心で単身米国へ。9年間の留学と現地での仕事を経験し帰国しました。当時、研究や教育という仕事にも大変魅力を感じましたが、私は起業することで、これまでに学んだ技術をもとに、自由な発想で、皆様のニーズに合わせたサービスを提供する道を選びました。

お客様の要望から生まれた商品開発

太陽光発電所の発電量遠隔監視装置を開発していた時、ソーラーパネルの汚れや周辺の草刈のタイミングを見るためのライブカメラが欲しいというご要望がありました。しかし、その発電所には固定インターネット回線がありません。そこで、ネット回線のない場所に、カメラを設置し、ライブ映像をお客様にお届けする商品とサービスの開発が始まりました。

しばらくすると、東京オリンピック開催決定を期に、工事現場の人手不足から、作業者の長時間労働の問題がマスコミで騒がれ始めました。調べてみると、長時間勤務は一般の作業者だけでなく、施工を管理する人々にも当てはまることだと分かりました。

大手ゼネコンでは建設現場へのライブカメラ導入が進んでいます。しかし、現場の規模によっては比較的高価な従来のライブカメラ導入は見合されていることも分かってきました。

そこで、特に高度な機能や性能を省くことでコストを抑え、どんな建築現場の方にも手軽にご利用いただけるライブカメラシステムを提供しようと考えました。

みなさまに役立つサービスを提供するという信念と夢

私は技術者です。そして、人と人との関わりも大切にしてきました。仕事上でも、20代の頃、無線機メーカーの技術インストラクターの役を買って出て、お客様に直接お会いして技術提供をすることを始めました。退社後、単身渡米しますが、アメリカの大学では研究のかたわら情報科学の非常勤講師を務め、そして帰国後しばらくは英会話スクールやパソコンサポート事業を行い大分の町を走り回りした。その後地元の大学の教員として勤務する機会に恵まれ、若い学生達と共に進路や就職についての相談に一生懸命に取り組む日々を過ごしました。

私にとって、新しい技術を学び、皆様に役立ち喜ばれるサービスを提供し、いつまでも皆さんとのかかわりを大切にすることができればこの上ない幸せです。それが私の歩んで来た道であり、これからやって行きたいことです。PPカムはこの夢をかなえてくれる商品であり、サービスだと私は信じてこの事業に取り組んでいます。

お電話でのお問い合わせ 050-5873-5398。 お問い合わせフォーム